企業再編時において配置転換を有効に活用すること、すなわち優秀社員の引き留めや社内ポスティングの適用は社員コミットメントを醸成、人材の有効活用、ひいては採用コストの抑制につながります。

同じ会社で、ある部門で社員を減らし、ある部門では採用を進めることが見られます。社員を上手に配置転換することは、社員のモチベーションを保ち、貴重な知識や経験の維持につながり、ビジネス環境変化の中でのリスク軽減や全社的な社員満足度を高めることができます。

LHHの配置転換プログラムを活用することで、企業の人材ニーズと経験豊富な社員の活用ニーズを同時に満たすことができます。 LHHのプログラムはシンプルかつスピーディーに導入することができます。 最新テクノロジーを用いたリデプロイメントサービスは、配置転換に必要なさまざまなツールやリソースを提供し、高い柔軟性と効果性を発揮します。

LHHの基盤システムは、社員のスキルや指向性とオープンポジションとのマッチングや既定の応募プロセスにも対応します。社員は新たな可能性を見出したり、キャリアコーチの専門的なアドバイスを受けることもできます。またレポーティング機能は活動状況、利用率、進捗状況や合否の把握に大変便利です。

  • アセスメントの活用で、社員が自分のキャリアを客観的に理解することができます。
  • レジュメ作成、自己アピール、ビデオ面接トレーニング、ネットワーキングなど豊富な学習ツールやスキル開発ツールが利用できます。 LinkedInとの連携でネットワークを素早く構築、活用することができます。
  • リデプロイメントサービスと社内ポスティングを一体活用することで、社員が自分の経験や目標に合ったポジションを素早く検索したり、応募したりすることができます。