環境変化、予測困難な状況では、社員の生産性が著しく低下します。長引く不確実な状況において、社員がビジネス目標にフォーカスし、目標達成を実現する効果的なサポートが必要です。

ストレスや混乱の高まる時期において、状況を克服するための効果的なサポートが重要です。

LHHでは、リーダーと社員が変化と不確実性に適応し、パフォーマンスを高め、新たな課題に速やかに取り組む能力を育成します。

最大20名の対話型モジュールやハーフディワークショップは、企業ニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

  • リーダー向けレジリエンス: リーダーが、不確実かつ困難な状況に適切に適応し、回復力に満ちたチーム作りを実現します。 レジリエンスの4つの指標(前向きなマインドセットの育成、解決法の発見、サポート・リソースの活用、行動を起こす)を活用し、生産性を維持を維持する一方で、社員エンゲージメントを高めます。
  • レジリエンス育成: 社員を支援し、変革期や不確実な状況に、効果的な行動を取り、成果を維持する体制を整えます。 困難な状況において、即座に立ち直り成長するマインドやスキル、行動を身につけます。