組織はフラット化する傾向にあり、それに伴いキャリアパスも不透化しています。新しい形態での働き方、評価やプロモーションの透明性、重要なアサインメントの早期定着、世代や職務、環境などにより優先順位は異なります。

停滞する状況にこそ、キャリア開発の必要性が生じます。キャリア開発を積極的に進める企業は消極的な企業と比較して、売上増加が21%高いというレポートがあります。

エンプロィーエンゲージメントや定着率、生産性を高めるソリューションの導入を検討しましょう。

LHHでは、組織へのロイヤリティを醸成するサポートを提供します。 社員がキャリア選択肢を検討し、自ら選択していくための実用的なサポートを提供することで、社員個々人のキャリアに対する希望と組織のビジネス目標との整合化を図ります。 LHHの手法はキャリア開発についての自覚を社員が持ち、マネージャーがサポートし、組織が実現するという責任感の共有を実現します。

LHHのプログラムは、企業のニーズに合わせて、ひとりからグループまで、またフェーストゥフェース、バーチャルなどさまざまなカスタマイズとデリバリーが可能です。

  • 社員の育成、活用、定着: CAREERFOCUS™トレーニングプログラムは、社員のキャリア目標と企業のビジネス目標とを一致させ、キャリア開発に取り組むことが可能です。 プログラムを通じて、社員の仕事に対する熱意が高まることで、企業ブランドが高まります。
  • マネージャーの育成: TALENTBUILDER™はマネージャーがコア人材の育成や定着、さらには人材の流出防止を目指します。